金沢片町BAR街で、シングルモルトな夜…(其の二)

バースプーン(BAR・Spoon)を後にして、次に向かったのは、倫敦屋酒場(ろんどんやBAR)

最初に訪れた時に撮った、懐かしい📷画像…。
その日は、閉店後も遅くまで居たなぁ…
スポンサーリンク

戸田マスターは、日本屈指のバーテンダーに名を刻み、「世紀の二枚舌」の著者で、是枝監督の知人…語るまでもないよね。

数多の情報を持つ有名人だけど、ものすごく気さく。話題が合うと豊富な知識から繰り出されるトークに引き込まれて…。

シングルモルトウイスキーへの拘りもすごくて。カウンター隣に並ぶ数多くのモルト樽を見れば、誰しもが理解するはず。

ここで、レダイグのピュアモルトをストレートで頂き、パンチのあるスモーキーに、アイランズウイスキーの虜にされた。

今は無きレダイグ樽…

詳しくは、過去記事をご覧あれ。http://sanban.skynet-ik.com/2018/12/04/rondonya-whiskey-ledaig/

バースプーンではラフロイグのロックだったんで、ここではタリスカー(Talisker)を注文。

ストレート&チェイサーでダイレクトな味を堪能。(レダイグもそれを勧められたっけ)。

タリスカーは、アイランズの一つ。スカイ島唯一の蒸留所で製造されてるメジャー銘柄だ。

このウイスキーもラフロイグと同じくピート香がとても強い。グラスに口を付けるとピリピリと痺れる。

このBARで飲んだタリスカー、樽モルト出しだからか、ピート香が強烈で飲み始めたら周囲に立ち込める感じに。

「これ、正露丸の匂い?」

正解!嫌いな人には申し訳ないけど…BARの樽モルト出しだから、今夜は許してもらおう。

これも美味だったので、試しにと仲間に飲ませたら、ピート香(ヨードチンキ臭)にしかめ面…笑

個性が強いから、初っ端のチャレンジだと、ウイスキーの好き嫌いに影響する?経験値あってのおススメかも?

タリスカ―、一口含んだら…
周りはピート香が充満 www

倫敦屋酒場は大勢で賑わしく、どちらかというと静を好む我ら。しかも、シングル樽モルトは「時価」表示できっと高価。

次のBAR巡りを考えたら、ここらで酔いを醒まさないと撃沈する…という話でお勘定に。(軍資金面も大アリで)www

片町から香林坊方面に向かう途中、初めてのコハクBARに向かったけど満席で✕。新規開拓はできなかった…。

スポンサーリンク

外は強風と寒さが厳しくて、この状況では片町BAR街は軒並み観光者が入り込んでると想像、道路の対岸へ。Blue-Barへ…。

ショットな雰囲気から、ガラッ変わりましたけど…。
入りやすく、社交を楽しめるBarなのは変わらない。

行きつけBAR、ブルーバーに入店。(深夜近くに行くと事前に伝言してた)。

仲間4人だからと、マスターが気遣ってテーブル席を用意してくれた。カウンターにはお客さんがそこそこ。

この天候でBAR街の外エリアでの入客、悪くないよ。最近移転して、古民家一軒貸し切りスタイルに変貌。

以前よりテーブル席数が増えてカジュアル感が増したかな。入込客数の取込み…今時の金沢じゃ必然な姿だろうな。

以前の、細く狭いカウンターだけの空間が懐かしいなと、ちょっと思ったりする…。いつも一緒に訪れてる友と共感。

ここでは、先回ホワイトレディーを飲んだので、今回は別ベース酒バリエーションのサイドカー。

なんせアイラ、アイランズのシングルモルト攻め、少しだけ大人しい感じを入れたくなる…あるでしょ?

次のカクテルを考えていたら、ハイランドパーク(HighLandPark)の文字がメニューに。スコットランド最北端のオークニー諸島で生産される。

甘味は1杯で終了~。結局はスコッチ推しになってしまってる。今回は特にそうみたいだ。

スモーキー&ハニーと言われる、程よい燻香と甘い香りフワリなウイスキー。チェイサー要らずだったし、ロックでいいやと。

なんだか窓外が寒波厳しい夜になってきて…、飲みメインで小腹が空いた。天候が荒れないうちにラーメン食べに行こう。

BAR巡り4軒、飲み過ぎた感じはしない。心地よい酔い加減で、もう1、2軒は行けそう…でも、これくらいが今日はマスト?

今回は残念ながら行けなかったコハクBAR、鶯のラーメンも食べたかったな。食べるの忘れた、カニ味噌甲羅焼き…。

忘れ物、残しものを手に入れに来なきゃな…なんて気持ち、もうムクムク。

金沢片町を中心に、今回はシングルモルトな夜、楽しめた気がする。いや、楽しめた。

また、年を越したら行っちゃおうか…。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です