DSDSのSIMフリースマホに登場したeSIMモデル、買う?買わない?

キャリアスマホの通信料金改定、政府が決定してからどうなった?月4,000円程度にしたいって言ってたけど…。

スポンサーリンク

データ通信料が少ない利用の場合は、3,000円程度のプランが出てきてはいるけど…ネットコンテンツや動画サイトを視聴する大多数ユーザーには全く対応できない。

自宅でWi-Fi環境でネット接続したとして、外でマップやナビを使えば、あっという間に上限越える。

つまり、ギガホーダイとかの使い放題プランが安くならないと、実情に合わないってこと。コンテンツのデータ使用量だって、どんどん大きくなってるし。

〜ホーダイなプランだと、結局10,000円オーバーな通信料になる。スマホの分割払いプランで割引適用じゃないと、料金が安くならないって構図は変わってない…)

そんな背景もあってか、MVNO(格安SIM通信)がDSDSスマホの普及で一気に広がってる感じだ。

ちょっとおさらい…

DSDSとは、

簡単に言うと、2枚のSIMカードを使って「通話」と「通信」を分けて使うシステム。それまで料金節約のため「2台持ち」していたのが1台でOKになった立役者。

通話プランだけキャリアを使い、データプラン(インターネット接続など)を格安SIMで安く利用ができるわけ。

例えば…

25GBデータプランがU-mobile-MAXだと2,800円くらい。それにdocomo同士のカケホーダイ通話プラン1,700円あたりを組み合わせると、4,500円/月。

どう?キャリアプランより55%くらいダウン!年間節約額66,000円/人だよ!そりゃ注目されるって。

最近はキャリアの通信速度が高速化してる。その一部を借りてる格安通信業者も恩恵を受けて高速化されるんで、ユーザーは願ったり叶ったりってわけ。

スポンサーリンク

と、おさらいしたところで…

最近は、このSIMフリースマホに「eSIM」モデルが出てきた。どんなのかというと、DSDSは一緒だけど、従来のように2つSIMカードを使わない。

1つのSIMカードはキャリア通話用、データSIMはカードじゃなくて「本体のチップ」。いちいちシムを抜き差しせず、インターネット経由で本体にSIMデータを登録できる。

つまり、eSIM対応のプランを複数登録しておいて、スマホ操作で自由に切り替えて使うこともできてしまうってこと。

海外では〇〇会社のSIM、日本では△△会社のSIMといった登録をしておけば、通信可能なプランに瞬時に切り替えできて便利だぞ~ってわけ。

それに、通信契約や解約は自宅でサッとできる。カードが送られて来るのを待つとか、ショップに手続きに行くなんてしなくていい。とってもタイムリー。

今はコロナ禍で何とも言えないけど、インバウンド観光が復活すれば需要は大きくなると思う。スマホさえあれば、各国のプランをその場で使えるんだから。

国際的なニーズの高まりで、対応機種もすぐに増えていくんじゃないかな?SIMフリーDSDSスマホの時みたいに。

国内の事情として、現在のeSIM対応事業者は、楽天モバイルとIIJmioの2社のみ。普及はまだこれからって感じ。

でも、フロンティアなユーザーが居ないと広がって行かない。「先駆」、「斬新」に心惹かれる人は、今こそが手にするチャンス(機会)かもしれないヨー。

楽天モバイル「UN-LIMIT2.0」
1プランのみ、2,980円/月(1年間無料)。楽天回線エリア(都市部)はデータ使いたい放題。その他提携(au)エリアは5GB/月まで。ただし、超過後も最大1Mbps(国内)で通信可能。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/

IIJmio 「データプランゼロ」
登録料150円、1GB:300円、2GB~10GBまで450円(1GBあたり)なので、楽天モバイル同等の料金となると、150円+2,700円(6GB*450円)=2,850円

https://www.iijmio.jp/esim/

都市部で使うとなれば、圧倒的に楽天モバイルが有利。一方、その他の地域では1GB分多く使えて、docomoやsoftbankの通信網が使えるIIJmioが有利か…。

では、eSIM対応機種はどうだろうか?

iphone…「XS」,「XS Max」,「XR」,「11」,「11 Pro」,「11 Pro Max」,「SE」

android…「Pixcel 4」,「Pixcel 4a」

このあたりが、間違いのない機種?といった状況かな?

iphone SEでは、楽天モバイルのeSIMを対応SIMとはしていない。でも、“使えた”報告がWebにちゃんと載ってる。

あくまで「自己責任」だけど、普段はWi-Fi接続してネット閲覧だから、月に5GBもあれば十分って方、主要都市部近郊に住んでるって方は、。iponeとセットも“有り”かも?

Pixcel 4シリーズは、楽天モバイルと“相互接続性試験”をクリアしていると言われてるので、こちらは間違いないかな。

さぁ、SIMフリースマホユーザーの方、これから試そうって方、最新 DSDSスマホのeSIMモデル、買う?買わない?

そういう自分は、SIMフリーのDSDS発表当時、「性能怪獣」と言われた、「ZenFone 3」を今も使ってる。

0.03秒高速シャッター&1,600万画素カメラ、4K動画、5マグネットスピーカー、今でもそこそこ高いレベルの性能だし、不満は無いかな。

ただ…つい最近、通話音が小さくなった。設定を調整しても変化なし。ついに消耗してきたかな?とか思ってるんで、今回、触手が伸びちゃうかもねぇ…。

iphoneと楽天モバイルUN-LIMIT2.0、行っちゃおうかなぁ~。新しもの、初物好き…。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です