Barリクオル、気になり始めてる…じゃあ、行っちゃう?

何年か前に富山に行ったんだ。

スポンサーリンク

桜木町の居酒屋で「ガスエビ」を初めて食べて、旨さに感動。

その後、お決まりのBar🍸に。

どこがいいのか分からないから、タクシードライバーに聞いて教えてもらった、「リクオル」

尋ねて、その雰囲気に「ココ、正解だ」と思った。店内も雰囲気あるし。https://www.hotpepper.jp/strJ000875349/

そして、カクテルメニューが無いという、“通”なスタイル。何とも特別感をくすぐる…こういの、Bar好きにはタマリマセン!

かといって、敷居が高い訳ではなくて、

「こんな感じのカクテル🍸と言っていただければ、セレクトしますから。アルコールの強め弱めも、好きな感じをおっしゃってください。」

「どんな感じのになさいますか?」

なんて聞いてくれるから、ビギナーでもぜんぜん大丈夫!

“ライム系で、アルコールはあまり強くないのを”

とか、

“アルコール強めでスッキリしたのを”

とか言えば、カクテル名、ベース酒とテイストを教えてくれる。良ければオーダー。イメージと違えば次の候補を聞けばいい。

スポンサーリンク

遠慮なんか要らない。マスター、ちゃんと応えてくれる。

ボトルストック数も多い。種類ごとに整然と並べられている。確か、中にはもう手に入らないベース酒もあったかと。

マスター、手に取って説明してくれた記憶がある。ボトルにあと少し残ってたのを頂いたような…銘柄、忘れてしまった…。

このあたり、自分らしい。

自分で樽モルト?

記憶に残ってる、カウンター席。画像のとおり。

キャビネットのグラスが青白く輝いて奇麗でしょ?

こんなカウンターで、誰かと2人並んで…なんてシチュエーションだったなら…。

ライトに照らされて出されるカクテル…その人が眺めて微笑んでる…その横顔に“ドキッ”とする…。

そういうの、いいよねー。

もちろん、一人もいい。時折グラスを傾けながら、思いにふける…。しっぽりと時間が重なって…。大人だよねぇ。絵になる。

友達によく言ってるんだ。昔、お世話になったマスターの受け売り。

“素敵なBarには、素敵な非日常がある”

って。

Barの雰囲気を借りて、いつもと違う自分がいたり…、新しい出会いが生まれ…そして奇跡の再会があったり…するんだよ、ホントに。

あー、そんなこと考えてたら、行きたくなってきた。

もう、かなり気になり始めてるしー。

行っちゃおっかー?富山。

「ね、Barリクオル、行かない?」

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です