冬の金沢へ強引Going!そして、Tiacro再び。

冬の旬を逃したくなくて、1月経たずに金沢へ“強引going”。

仕事始めして、いきなり平日にお休み…働き方改革、トレンド指向…。

スポンサーリンク

そんな訳ないね。1月の旬なブリしゃぶ、香箱カニ、食べずに1年待つの嫌なだけ。そして、金沢night楽しみたいだけ!

そんな自分のわがまま、他人を巻き込む。乗っかってくれる仲間がいてくれる。こういう仲間は大切。

意外だろうけど、「仕事がきっちりな人」には多い。

十分に旬を味わった。十分に飲んだ。思いっきり語った。この後は、個人のフリータイム。それぞれのnightsceneへ。

Tiacro
https://www.pokepara.jp/ishikawa/m601/a1301/shop8182/

自分は、Barをハシゴして酔いしれ、12月に入ったラウンジ(って案内所のお兄さんは言ってる。)へ。

落ち着いて、お酒と女性と会話を楽しめる処。お店の感じは“nightclubbing”の以下の記事をご覧いただければと。
http://sanban.skynet-ik.com/2020/01/03/kanazawa-nightview-or-nightclubbing/

再入店。前回とは違い金曜日の入店。土日の前夜、めっちゃ混み?だろうと予想し、Mさん経由で22:00~予約。

行ってみたら予想どおり混んでました。Mさん、時間おしてて「待ち」になってるし…。

「待ちなんだ…。」

でも、ここから、Tiacroの「接遇」を体感することに。

待つ間は、飲みもの無料の個室へ案内され、そこで飲みながら待機。用意ができたら、店員さんが迎えに来るシステム。初めて知った。

店員さん、今の状況を時々に報告に来てくれる。だから、待つ時間が長く感じることもなかった。(CM、SQ高い…)

そして、いよいよ入店。Mさんと約1ヶ月ぶりの再会。飲んで話して…リラックスしすぎ?余計な昔話も…。(今思えば、つまんない話して…ゴメンね)

スポンサーリンク

30分ほど経った頃かな、店員さんが、
「お席、よろしければ移動していただけます。どうされますか?」

「え?どういうこと?」

団体さんが来たから、席を移動してということ?と思った。N市あたりの感覚では、そんなのも時々。

でも、違った。

店員さん、
「後ろの席にお客様が多いので、ゆっくりお話ができる席がよろしいかと思いまして。あちらのほうで、ゆっくりとお過ごし下さい。」

これですよ…。

お店のコンセプトが、ちゃんと満たされている。

「落ち着いた雰囲気で、お酒と女性との会話を楽しめる」っていうのが。

団体は団体へのコンセプトで、少人数や個人にはそれに合うコンセプトでサービスを提供。そういう考えが無いと、こんな声掛けなんて無い!

前回に感じたTiacroのイメージは、金曜日、入り客数が多いなかの再入店で、あらためて正しかったと言ってしまおう。

同料金帯では、カスタマー管理、サービス品質、自分の印象ではN市より上。レベルは高いはず。

さて、そんなサービスを提供する、Tiacro。ビギナー料金、チケットがお得になってます。
TiacroのURLから、チケットを印刷もしくはクーポン画面を、入店時に店員さんに見せてもらうと…。

初めてのお客様
60分 7000円→4000円  △3000円 OFF !!
1名様 別途1000円

ブランデー
ウイスキー
焼酎
ソフトドリンク飲み放題

場内指名(別途1000円)のお客様
ハイボールも飲み放題

あ、そうだ。1月お会いしたキャスト様、ご指摘ありがとうございました。ちゃんと「キンリンビル3F」に記載を修正しております(笑)

追記です…。Tiacro、今はもうありません。コロナ禍の中で閉店してしまいました。

スポンサーリンク

4 Replies to “冬の金沢へ強引Going!そして、Tiacro再び。”

  1. ティアクロのえりなです。この間はご馳走様でした!指摘したビルの名前訂正されてて笑いました笑 宣伝ありがとうございます!また宜しくです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です