WordPress自動更新で、またしても”Generic Error”

WordPressの記事はひと段落するってことだったのに…早々と記事を書くことになるとは…。
┐(´д`)┌ヤレヤレ

スポンサーリンク

メールでWordPressのバージョンが4.9.2に更新された案内があった。何気にサイトを確認したら、冒頭の記事が数列無くなっていた。

昨晩更新した記事だし、サイトを終了する際に記事は内容確認しているので、間違いなく更新での消去だと言える。

数段とは言え、原稿を確認して再度アップしなければならない。時間や手間が惜しいし、やらなくていい作業。自動更新でこんな事は…なんか腹立つ!(# `Д゚)コラァ~。

まぁ、そう言っていても仕方ないので記事を復旧して更新っと…は?Generic Errorって。チョイ待った!またか。

WordPress自動更新がキーになって、ロリポップサーバーのセキュリティーWAFがブロックを掛けてしまったようだ。

WordPressとロリポップサーバーは相性いいのに、そのセキュリティーシステムとは、なぜか相性が悪い。

ロリポップのWAFログを確認してみると、”xss-style-2”のログが載っていた。たぶん、バージョン4.9.2のレイアウト更新が、ハッキング行為とみなされたんだと思う。

ロリポップのFTPのサイト用フォルダを開いて「.htaccess」を選択して、最下に“SiteGuard_User_ExcludeSig xss-style-2”を書き込んだ。

そしてWordPressの記事更新…今度はうまくいった。ということは、予想どおりということ。WAFとWordPress自動更新が悪さをしてるんだろ?

記事を消すのはWordPress開発者にカァ~ツ!(# `Д゚)。更新エラーはロリポップのWAFにカァ~ツ! (; ・`д・´)ナントカシテクレェ~

自動更新するなら、極力Errorを検証してからにしてもらいたい。せっかく書いた記事を消失させる更新って“何なんだ、それ”ってなる。

FTPに除外コードばかり量産&書き込みしてると、セキュリティーシステムの意味が無くなるぜよ。

WordPressの自動更新は、config.phpに該当するコードを書き込めば手動にできるそうだけど、忘れてセキュリティーホールを放置するリスクを自ら背負うような操作はどうかと。

このご時世を考えれば、セキュリティー対策は自動で行われるほうが得策。人は忘れるのだから信頼は置けない。ワタシ、手動更新はオススメしない。

スポンサーリンク

対策しないと当分続くだろうな、自動更新でのError。そんなんでいいのかぁ?WordPressさん!ロリポップさん!頼みますよ~ホンマに。

ブログの根幹となる記事の消失や、編集不能なんていうストレスをぶつけられるのはノーサンキュー。ホント、要らない。「時は金なり」ですヨ、今の世は象徴してる。

何はさておき、WordpressのErrorが出たんで報告しておきます。

WordPress関係の記事、ひと段落するなんて書いたけど、できないかもなー?この感じではねぇ。

Amazonで最安値を探す

楽天市場で最安値を探す

Yahooショッピングで最安値を探す 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です